J-TRYBOOK

Jリーグもブックメーカーで賭けよう

キーパー

ブックメーカーは、イギリスで流行中のスポーツ勝敗予想のサービスです。ニュースなどでもオッズが囲繞されているので、ご存じの方も多いと思います。
ブックメーカーは、インターネットが普及したことにより、サービスはグローバルに展開しています。このような理由から、日本サッカーのJリーグも対象となりました。誰でも気軽に利用できるので、日本でもブックメーカーのユーザー登録数は急上昇中です。
ヨーロッパではブックメーカーの人気が非常に高く、特サッカーのイングランド・プレミアリーグでは大人気です。

Jリーグにはスポーツくじtotoがありますが、totoには大きなデメリットがあります。
それは、還元率が49.6%という低い数字です。
ブックメーカーの還元率は約90%以上という高い数字になっています。

還元率がブックメーカーに比べ約40%も低いスポーツくじでは、どんなに勝敗予想の的中率が高いユーザーでも、収支を+にすることは困難です。
対してブックメーカーは、収支を+にすることは、さほど難しくはありません。
Totoの49.6%とという還元率では、賭ければ賭けるほど、資金が減るという悪循環になってしまいます。数値化して比較すると、はっきりと理解できるでしょう。
Jリーグの勝敗予想をするなら、ブックメーカーをお勧めする理由の第一は還元率の違いなのです。

    還元率の比較

  • ・スポーツくじtoto 49.6%
  • ・ブックメーカー 約90%

Jリーグをブックメーカーで賭けるメリット

ブックメーカーはtotoと違い、勝敗予想をするだけではありません。Jリーグでも他国のサッカーリーグと同様に多数のオッズメニューが用意されています。
代表的なメニューは下記のようになります。

  • ・ファーストゴールスコアラー
  • ・コーナーキックの本数
  • ・イエロー・レッドカードの枚数
  • ・ゴール数
  • ・シーズン中で最初に解任される監督
  • ・ハンデありの勝敗予想
  • ・前半・後半 それぞれの勝敗
  • ・J1への昇格
  • ・J2への降格

この他にもオッズは20種類以上あり、優勝決定戦やトーナメントとなれば、さらにオッズメニューが増えます。還元率だけではなく、サービスやオッズの種類もブックメーカーの方が勝っているでしょう。
JリーグYBCルヴァンカップや天皇杯も賭けの対象になっており、ほぼ全試合楽しむことができます。J2の試合も対象になっているので、好きなクラブがJ2でも賭けることができます。